2007年11月30日

デラックスクリスマスソングえほん―きいて、うたって!



うちの子はボタンを押すと色々なお歌が流れる
このような種類の絵本が大好きです。

童謡なども母は忘れがちだし、
歌ってあげる機会もあまりありませんでしたが
こういう本に助けられ、うちの子はビックリするほど歌を知っています。

CDも良いけれど、こういう絵本も良いですね。
CDのようには音は良くありませんがわーい(嬉しい顔)
この絵本はクリスマスから冬の遊び歌までいろいろ収録されています。
それぞれの特徴をもった絵がついていますので
歌の想像もしやすいのかしら??
うちの子はかなりお気に入りの様です。


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | e
2007年11月20日

ふしぎなナイフ

ふしぎなナイフ (こどものとも傑作集)
中村 牧江 林 健造 福田 隆義
福音館書店
売り上げランキング: 1977
おすすめ度の平均: 5.0
5 3歳の子がはまりました
5 すごい!
5 芸術家肌
4 すべては67文字
3 悲しいですが


とても評判が良いので、
ずっと読んであげたいと思っていたこの本。
私も内容を知らなかったのでワクワクしていました。

・・・ところが、はじめてこの本をうちの子に読んだのは
夫(絵本大好き父)でした・・・たらーっ(汗)
何だかずるい・・・

うちの子は、この本のページをめくる度にゲラゲラ笑ったそうです。
相当面白かったらしく、読み終わると「もう一回!!」と。
結局、続けて3回読んだそうです。

その報告を受け、「私もゲラゲラ笑う様を見たい!!」と思い
すぐに読み始めました。
すると・・・うちの子は私にこの本の説明をしながらページをめくります。
子供が笑うのを見たかったけど、私が驚く顔をうちの子に見せる事になりましたわーい(嬉しい顔)

一本のナイフがまがったり、ねじれたり、とけたり・・・
考えもつかなかった視点から見られたナイフ。
とても不思議です。
子供にはその不思議さが魅力的で、想像もしない展開が面白くて仕方ないのでしょうか?わーい(嬉しい顔)

うちの子にとってはかなり楽しめた本でしたが
私にとっては、最後のページがなんとなく寂しい。
また表紙のようなナイフで締めくくられていて欲しかったなぁ
なんて思うのです。
それじゃあつまらないですかね?わーい(嬉しい顔)
でもちょっとだけ読み終わったときに残念な気分になったのです。

この本は文章がほとんどないです。
絵が与えるメッセージが強いからかな?

子供も喜んでくれたし、この本を見せてあげられたのは良かったと思いますが
家に置いて長い間読み続けるというよりは、
借りてきて読んだりするほうが楽しめるかな?と思います。
幼稚園、保育園、小学校、図書館・・・などには
ぜひ置いていただきたいと思いました。


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 18:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | e
2007年10月20日

ぞうのエルマー

ぞうのエルマー〈1〉ぞうのエルマー (ぞうのエルマー (1))
デビッド マッキー
BL出版
売り上げランキング: 74267
おすすめ度の平均: 4.5
5 エルマーは家の中??
5 ほほえましい絵本
5 素敵な絵本です。
3 訳者
5 違ってもいいんだ!


人気のあるエルマーシリーズ。
わが家には最近訪れました。
さまざまな出版社から出ていたりで、ちょっとづつ内容も違うようですね。
訳者が違うと当たり前かなわーい(嬉しい顔)
そういう所にもこの本の魅力があるようにも感じます。
同じ内容であろう本を読み比べたりするのも楽しかったり。

わが家では、わりと「BL出版」の登場が多い気がしますね。
絵の雰囲気も好きです。


「エルマーは、パッチワークのぞう。ぞういろじゃないぞうがエルマー。」です。
とても色鮮やかなぞうで、すぐにうちの子のお気に入りになりました。
その後、エルマーシリーズばかり読んでいます。
後々ご紹介したいと思っています。


本のはじめのページに「わかいぞうや、としとったぞう。やせたのや、ふとったのや、のっぽのぞう。」とあり、
一面にたくさんのぞうさんの絵が描かれているので
うちのこに、「年をとったぞうさんわかる?」と聞いてみました。
すると・・・
ゾウたちの中で一番シワの深いぞうさんを指差しました。
「としをとったぞう」というイメージがちゃんとあるのだなぁと
ちょっとびっくりしました。
わかいぞうや、ふとったぞう、やせたのや、のっぽのぞうはイマイチでしたけどねわーい(嬉しい顔)
まぁ、それはそれでうちの子のイメージなのかな?と感じましたわーい(嬉しい顔)


エルマーは人気者。とても楽しいぞうさん。
エルマーが笑えば、皆もつられてわらっちゃうのです。
でもね、エルマーはその「笑う」を別の意味でとっている様です。

「どうしてぼくだけみんなとちがってるんだろう。
だいたい、パッチワークのぞうなんてへんだよね。
だからみんなわらうのかな、ぼくのこと。やんなっちゃう」
と考えて眠れないようです。
・・・そこで、エルマーは皆に気付かれないように出かけて行き、
木のみを自分の体に塗ってぞう色のぞうさんに変身!!

他のぞうたちとすっかり見分けがつかず、
森の他の動物たちもそれがエルマーだと気付きません。
皆の所へ帰っても誰も気付かずにいます。

でも、エルマーの明るい性格やどっさりふりだした雨によって
結局エルマーだと気付かれてしまうのですけどね。
この出来事がきっかけで「エルマーの日」ができました。

エルマーは皆に笑われているのではなく
エルマーがいる事が、皆にとって楽しい日々なのですね。

みんなと違うぞう色じゃないパッチワークのぞうさんだけど
みんなの人気者。そんなエルマーに勇気をもらうこともしばしばです。


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 02:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | e
2007年09月09日

くだもの なんだ

くだもの なんだ (幼児絵本シリーズ)
きうち かつ
福音館書店
売り上げランキング: 177883
おすすめ度の平均: 5.0
5 夢中!
5 つかみはOK


離れた所から、この本の表紙を見たとき
シマウマか?と・・・
何の絵本なのだろう?と思って近づくと・・・

「くだもの なんだ」だって!
果物の絵本なのね〜と開いてみると・・・
実に良くできています!!
とても食べ慣れたくだものたちが面白く描かれています。

本を開くと・・・見開きで、
右に「これなんだろう?タイヤかなそれとも・・・」と書かれ
左にページいっぱいに白黒のくだものの断面図。
次のページを開くと・・・
前のページの答えがわかります。
右に「今度は白黒ではなく色を使った果物の断面図」
左にそのくだものの全体像と断面

この答えは「レモン」なんですけどね、
うちの子は「オレンジ!!」と言いましたわーい(嬉しい顔)
私もオレンジだと思いましたわーい(嬉しい顔)
その後、何度この本を手にしても
最初のページの答えを考えるとき「オレンジ」になってしまうんですよねわーい(嬉しい顔)
もちろん私もわーい(嬉しい顔)
これは何度読んでもたのしいぞ!!と思いました。
しばらく間を置くとまた新鮮でわーい(嬉しい顔)
私達親子だけかしら??

普段何気なく食べている果物ですが
こういう視点で眺めると芸術的だな〜
自然の生み出したものってすばらしい!!!
と思わずにはいられなくなります。
食べ慣れているものばかりだけど
結構、観察していないものだな〜
何だか勿体無いな〜と思いました。

これからは果物を食べるときは子供とあれこれ観察して見よう!!

この本を持ち出して絵本と実物とを見比べながら食べたり
そんな事も楽しそうですね!!
ちょっとした研究みたいでわーい(嬉しい顔)
子供の観察力を伸ばす為にも良い本だと思います。

柿はペンギンに見えるな〜
イチゴって白黒だとやっぱりシマウマに見えるな!!などなど
かなりの発見もありましたよ!!
バナナ好きのうちの子は、
この本だとバナナだってわからないのです!!

果物だけでなく、いろいろなものをもっと観察して
何気なく過ぎていく毎日を楽しもうね!!と思う本でした。
日常の当たり前な事に、まだまだ未知な事ってたくさんあるのですね


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 01:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | e
2007年07月12日

わにわにのごちそう

わにわにのごちそう (幼児絵本シリーズ)
小風 さち
福音館書店
売り上げランキング: 72643
おすすめ度の平均: 4.5
5 『わにわに』、サイコー!!!!
4 ああ、しあわせな わにわに。
5 今度のわにわには食べるのだ!


ちょっとまえに「わにわにのおふろ」をご紹介しましたが
今回は「ごちそう」編です!

相変わらず「リアルわに」なわにわにさんですわーい(嬉しい顔)
今度はおなかぺこぺこのようです。

エプロンをしてお料理開始!
エプロン姿のわに。
イメージするだけでもちょっと笑えますよね。
リアルわにさんですもの。

冷蔵庫からお肉を見つけ、お料理です。
冷蔵庫を開けたときにチラリと見えたプリンに
これまたお腹ぺこぺこの私もクギヅケ目

食べるときの姿がまた豪快!!こちらもリアル!!
自然界のわにの様です。

先ほどまでエプロンをしてお料理していたのに・・・。

何だか本当に突っ込み所満載なわにわにさんの絵本です。


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | e
2007年07月06日

ゆうびんやさんのホネホネさん

ゆうびんやさんのホネホネさん (こどものとも傑作集)
にしむら あつこ
福音館書店
売り上げランキング: 165655
おすすめ度の平均: 4.5
5 可愛いキャラクターと白黒の絵やホネホネさんが対照的
4 このセンス あなどれない
4 ゆうびんやさんのホネホネさん


初めて知った絵本です。
すでにこのシリーズ、何冊か出ているようですね。
「ゆきのひのホネホネさん」「はるかぜのホネホネさん 」など。
これらも是非読んで見たいと思います。

では、「ゆうびんやさんのホネホネさん」ですが
名前からも想像できるように、ホネホネさんはガイコツさんです。
ゆうびんやさんがガイコツさんなのですわーい(嬉しい顔)
とは言っても、とっても優しそうなガイコツさんです。
内容を読んでも優しいガイコツさんのイメージは崩れません。

表紙や見返し部分などの内側の用紙は
青や黄色やオレンジ色などを使用していて目がちかちかする位なのに
本文はほとんどが白黒です。
ある意味目がちかちかしてきそうです。絵も細かいし。

唯一本文に色が使われているページがあるのですが
ずーっと白黒ページを見ていたからか
その色の効果は大きかったです。
「おはよう!きょうから、なつやすみ。ぬけるようなあおぞらです。」
という所だけ白黒の中に青を使っているのです。

このような使い方もあるんだなぁ・・・と
いろいろな作者さんの心というか思いが表現されている本の
奥の深さにまたズズズイーッと吸い込まれるのでしたわーい(嬉しい顔)

ホネホネさんは木の上にも水の中にもスイスイッと
お手紙を届けに行きます。木登りも泳ぎもお上手わーい(嬉しい顔)
とても親しみ易いお話です。
そうそう。自転車のタイヤの骨組み部分はクモの巣なのですわーい(嬉しい顔)
クモの巣だと自転車こげないからクモの巣模様のタイヤの骨組みかしら?わーい(嬉しい顔)
私だったら骨組みなだけに骨のイラストを骨組みに使いたくなるけど
クモの巣できたか!!と思いました。

このシリーズも、他の本を近いうちに読んでみたいです。
その時はまたご紹介しますね。


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 13:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | e
2007年06月27日

わにわにのおふろ

わにわにのおふろ (幼児絵本シリーズ)
小風 さち 山口 マオ
福音館書店
売り上げランキング: 36524
おすすめ度の平均: 5.0
5 わにはわにである。
5 わにわに好きです
5 『わにわに』、サイコー!!!!
5 記念すべき、わにわに初登場作品
5 良い


おふろが大好きなわにわにのお話です。
表紙を見てもわかるように絵がかなりリアルというか
結構怖いわにさんです。

しかし、読んでみたらすぐに怖いわにさんではなくなります。
何故もうちょっと愛嬌のあるわにさんの絵にしなかったのだろう?
とか思ってしまいましたが、これはこれが良いんだとすぐに思い直しました。

「絵本だから子供向け。だから、絵はかわいくなくっちゃ!!
子供に好かれる絵でなくっちゃ!!」
なんてことはないですものね!!
一瞬怖がるお子さんもいるかもしれませんが、すぐに慣れるかな??

内容はとても面白いと思います。
何というか・・・なぜにわにさんがおうちにいるのか?
私達が入るのと同じようなおふろにはいっているのか?とか、
謎だらけだし、わにわにさんの行動が何とも言えません。

おふろによじのぼる時など
「ずるずりずるずり」「じょろろーん」とか言葉のリズムが良い。
擬音がたまらないのです。


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 14:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | e

評価別

★★★★★ 必読!
★★★★_ おすすめ!
★★★__ 良い
★★___ イマイチ
★____ おすすめしない
ぜひ一度は読んで欲しいおすすめ絵本です
できれば読んで欲しいおすすめ絵本です
良い絵本です
ちょっと微妙に感じた絵本です
当サイトではあまりおすすめできない絵本です

目的・テーマ・内容別

内容・テーマ・ジャンル別一覧
絵本の目的・テーマ・内容等で検索できます

対象年齢別

(あくまでも目安です)
乳児から
幼児から
小学生から
大人も楽しめる
0歳・1歳から
2歳・3歳・4歳から
5歳・6歳・7歳から
大人も楽しめます

タイトル50音順

あ行 / か行 / さ行 / た行 / な行 / は行 / ま行 / や行 / ら行 / わ行

作者・著者別

作者・著者 一覧 掲載した絵本を作者・著者別に閲覧できます

出版社別

出版社 一覧 掲載した絵本を出版社別に閲覧できます

お買い得情報

お買い得情報など 絵本関連のお得情報など

特集・育児本など

特集 テーマ毎の特集記事など
育児本 育児本・育児雑誌の紹介

絵本イベント情報

絵本関連のイベント情報など 絵本関連のお得情報など

その他

このサイトについて 管理人プロフィール・連絡先・サイト概要