2010年03月13日

おやすみ、ぼく

おやすみ、ぼく
アンドリュー ダッド
クレヨンハウス


一番目立つ場所に飾られているこの絵本を
いくつかの書店で目にしたので気になっていました。
何かの特集で取り上げられていた一冊でしたが
それが何だったか…あせあせ(飛び散る汗)

我が家が一番絵本を読むのは寝る前です。
なので、ゆったりと落ち着ける内容の絵本を読むことが多いのですが
この絵本は題名通り寝かしつけにはもってこいです。
絵もやさしいタッチで描かれていて
オランウータンのかわいらしいしぐさや表情に読んでいる私も
癒されます。

内容は、オランウータンの子供が自分の体に、自分自身におやすみをするのです。
「おやすみ、ぼくのあしさん
きょうもうーんとはしったね」というように。
あし、ひざ、もも、おなか、おしり、むね、ゆび…と続きます。
その、自分の全てに感謝の気持ちを込めておやすみをします。
それが愛らしくて、自分に語りかける口調が素敵でたまらなくて…
今を大切にしよう、子供との時間を楽しもうと毎回思う一冊です。

子供にも、自分を大切に思う気持ちを持って一生懸命生きていって欲しいと願います。
そんな、生きることのすばらしさを少しでも感じてくれたらというか
なんとなく心のすみにでも残ってくれたらとの想いで
この絵本を購入しました。

表紙のカバーの折り返し部分の落合恵子さんの言葉がまた素敵!!
「追伸」がまたいい!!それは、手にとって見てみてくださいね!

「今夜あなたがみる夢がおだやかでしずかな夢でありますように!」
という想いが込められている、本当に優しい気持ちになれる絵本ですよ!!
ぜひ、読んでみてくださいね〜


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 08:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | e
2010年03月09日

ぼく、仮面ライダーになる!

ぼく、仮面ライダーになる! (講談社の創作絵本)
のぶみ
講談社
売り上げランキング: 4829
おすすめ度の平均: 5.0
5 ほのぼのタッチのヒーロー絵本
5 ぼくも仮面ライダーになりたい!
5 ヒーローに必要なもの


仮面ライダー大好きなうちの子に見せたら喜びそうな本だなぁと思っていた絵本でした。
実際、読んでみたら面白い!!想像していたより良かったです!!
子供もかなり喜んでいました。

仮面ライダーWもちゃんと登場しているし、新しさを感じる絵本でした。
大人も楽しめましたよ!!

主人公の「かんちゃん」が、何でも必要なものは牛乳パックを使用したりなどして
自分で工夫をして作っているところも好感が持てましたし、
かんちゃんがわが子とかなりかぶっていて面白かったり、
子供にも良い刺激になったと感じました。
見た目ばかりにとらわれず、中身が大切だということ、
そうすれば誰でもヒーローになれるのだという事、
すばらしい!!

子供に日々伝えたいことはいろいろありますが、
親がいくら一生懸命伝えようとしてもなかなか伝わらないことがあります。
それらのことを、いろいろな絵本が伝えてくれることが多く、
私たちは絵本から離れることができません。
子供の心に響くものが絵本にはありますし、子供も楽しみながら
多くを経験できる絵本をこれからも探し続けて行きたいです。


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | e
2010年03月01日

進化の迷路 原始の海から人類誕生まで

進化の迷路 原始の海から人類誕生まで
香川 元太郎
PHP研究所
おすすめ度の平均: 5.0
5 迷路がますます好きになりますよ。
5 すごい本です!


書店でよく見かけてはいたのですが、ビニールがかかっていることが多く
手にしても内容がわからなかったため、購入することはなかったのですが
今回、我が家にやってきました。子供がとても見たがったので…

この絵本は、迷路絵本です。
しかし、普通の迷路とは異なり、隠し絵やアイテムを見つけながら
迷路をするという感じです。

「あの島には、進化の研究所があるんだ。
タイムマシンであつめた昔の生き物がいるんだって。
いってみようよ!」とはじまります。
何だかワクワクする始まり方ですよね!!

はじめの迷路は「研究所」
「説明」や、「迷路」で落ちているディスクを見つけること
どのような「かくしえ」がいくつ隠れているか
「むつかしいめいろ」の遊び方、「クイズ」など
ページをめくる度にいろいろな遊び方が書かれていて
なかなか先へは進めません!!

見方をかえたり、離れて見てみたり、
いろいろな角度からこの絵本を見ると「かくしえ」が発見できますよ!!

子供の集中力と、時間さえあればこの絵本を開いている姿を見ると
とても楽しい絵本なのだなと感じます。
大人の私たちもこの迷路をやりだすととまらなくなるので納得。
お勧めです!!
シリーズでいくつか出ているようなので他のものもとても気になっています。
今後、紹介できたらなと考えています。


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 14:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | e
2009年10月04日

つみきのいえ

つみきのいえ
平田 研也
白泉社
おすすめ度の平均: 5.0
4 子どもに読み聞かせながら親も楽しめる
5 人生は積み重なる記憶
5 心があたたまりました
5 つみきのいえ
4 読み聞かせ


なにやらどこそこで目立つように置かれているので手にとってみた一冊。

海面が少しずつ上昇し続けている街に暮らすおじいさんの話。
その町に住む人はみな、海面の上昇に合わせて家を上に増築しながら暮らしています。

ある日アクシデントが発生し、おじいさんは海の下へ下へと潜って行きます。
潜れば潜るほどに昔の思い出が蘇り、さらに深く潜っていきます。

人生とか、幸福とか、思い出とか、そういったものを色々と考えてしまう絵本でした。
ただ、4歳のうちの子供にはまだちょっと早いですね。
一応読んであげたのですが、
なんだかピンとこないという顔してました。

やはり人生が長い人ほど色々と感じるものがあるような気がします。
というわけで基本的に大人向けという感じです。
子供にはチンプンカンプンというわけではないので
読んでみても面白いかもしれませんが。
ぼんやりと何かを感じるんだろうとは思います。

絵の雰囲気もやわらかくて印象に残る絵本でした。


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き父 at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | e
2009年07月16日

とけいのほん1、とけいのほん2

とけいのほん1 (幼児絵本シリーズ)
まつい のりこ
福音館書店
おすすめ度の平均: 5.0
5 時計の学習
5 これしかありません
5 わかりやすく可愛らしい
3 思っていたより
5 楽しくて覚えました


とけいのほん2 (幼児絵本シリーズ)
まつい のりこ
福音館書店
おすすめ度の平均: 5.0
5 こっちは分が分かりやすく理解できます
5 だんだんと時計が分かる
5 時計が読めるように
5 気に入ってます
4 とけいのほん 2


時計に興味を持ちはじめたうちの子。
時計を理解できる本をかなり前から探していたのだけど
どれもこれもイマイチ。

しかし!!最近書店で出合ったのがこの一冊。いや二冊かなわーい(嬉しい顔)
「とけいのほん1」と「とけいのほん2」の二冊あるのでわーい(嬉しい顔)

二冊とも良くできていました。
本屋さんで、こうやって教えると良いのねぇ〜と学び、帰宅して実践。
挫折・・・ふらふら

だめだ、あの絵本がないとイマイチだなぁと子供の反応を見て感じました。
子供も「本屋さんのとけいのほん買って!!」とよく言うので購入を決意。
この絵本で時計を学んでくれたら良いなぁと思います。

時計の針の読み方って難しいですよね?教えるのもまた難しい・・・あせあせ(飛び散る汗)
この絵本は可愛らしい物語で、読み方も学べる絵本だと思います。
「とけいのほん1」は○時や○時半という基本的な読み方が学べ
「とけいのほん2」は○時○分という分の単位を視覚的に上手く表現されていて
楽しみながら学べるように感じます。

「2」の方は、分の単位が出てくるので難しくなっています。
でも、今はイマイチ理解できていないなぁと思うものでも
寝かしつけのときなどに読むと、頭には入っていくので良い刺激となる気がします。

わが家では、起きている時にも寝かしつけの時にも読みたいと考えています。
楽しんで学べる事は子供にも、親にとっても嬉しい事。
まず、「1」だけ子供に読んでみて、その反応で「2」の購入を考えるのも良いかもしれません。
図書館や書店で子供に見せて、反応を見てみるというのもおすすめです。
ただ、一度だけでも良いから見て欲しいなぁと思う一冊ですのでぜひ!!


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | e
2009年04月08日

もくもくやかん

もくもくやかん (講談社の創作絵本)
かがくい ひろし
講談社
おすすめ度の平均: 5.0
5 足も手もある、いえ、ちゃ〜んと顔もあるんです!
5 暑い日にどうぞ


表紙に惹かれて手に取った一冊。
この絵が何とも言えず好きですね。
ホッとするというか、若いんだかお年を召してるんだか
わからないやかん・・・
やかんの見る目が変わったような・・・

この絵本はずいぶんまえに読んだ事があったのですが
また、この絵本との出会いがありまして・・・運命?

かがくいひろしさんの絵本はいくつか読みましたが
本当に独特なものがあります。
大好きです。
50歳で絵本作家デビューなのですね!!素敵です!!

「なんにちも なんにちも あめが ふらず、
だいちが ひあがって いた ときの ことでした。」
とはじまります。
そのページにはやかんくんが汗をダラダラたらして
一生懸命に走っている絵が描かれています。

やっと着いた所には、「ポット、あかやかん、じょうろ、きゅうす」が
やかんくんがくるのをあせをダラダラ流して待っていました。

みんなで準備体操をして・・・
「おおきく いきを すってー。」

・・・何かがはじまりそうです。

ココにはここまでしか書けません!!ぜひ、読んでみてください。
やかんくんたちの表情がたまりませんよ。
きゅうすくんが、愛らしくてたまりませんよ。
みんなの頑張りで
かっぱやかえる、かたつむり、多くの生き物たちが喜びます。
ちょっと憂鬱な雨降りも、ちょっと思い出し笑いのある素敵なものに
変わるかも?
うちの子はげらげら笑って聞いてくれます。
読み方を工夫すると子供のつぼに入るようです。

最後のページのみんなが和んでいる場面でも
読んでいる私までウケてしまいます。
「やまほど」に毎回やられます。

裏表紙の折り返し部分のやかんくんの気持ち、わかる!!
やかんを使用した後にいつも思い出す絵ですわーい(嬉しい顔)

・日本図書館協会選定図書
・全国学校図書館協議会選定図書


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | e
2009年03月18日

みんなおやすみ…

みんなおやすみ…
和木 亮子 いもと ようこ
金の星社
おすすめ度の平均: 5.0
5 本当に暖かい本です。


「本書は、秋篠宮悠仁さまのご誕生を記念した読売新聞社主催
創作童話コンテスト・大賞受賞作『ねむれない夜に』を原作とし、
絵本向けにするために、その原文をいもとようこ氏が大幅に修正して
絵本化したものです。」

このように、この絵本は読む前からわくわくしました。
子供の寝かしつけにも良いかな?どんな内容かな?など・・・
表紙のくまさんの表情が何とも言えず愛らしい。

ゆきがふってきたというのに、
くまはねむれないでいました。

『どうしてことしは
ねむれないんだろう・・・・・・。
はやくねむらなくちゃ・・・・・』
とはじまります。

めをとじていたら、そのうちねむれるだろう
・・・など
くまさんの行動には親近感がありますよね。
冬眠前のくまさんがこんな事を考えているのかな
などと思うと楽しくなります。

しばらくすると・・・ぬきあしさしあしでのねずみ、りす、
たぬき、きつね、いたち、うさぎの親子が
「さむ〜い」と言いながら次々とやってきます。
その間、くまさんは寝たふりをして耳をすましています。
動物たちは、くまさんによじ登り、抱きついていきます。

みんな、くまさんが寝ていると思っての行動なのです。
くまさんをお布団にして冬を越していたのですね。
でも、くまさんは、今まですぐに寝入っていたから知らなかったのです。

ふゆのあいだ、みんなはぼくをおふとんにしてたんだ。
まいとし、ぼくのおふとんでねてたんだ。
ぼくは、ひとりぼっちでさみしくねむっているとおもっていたけど
ひとりぼっちじゃなかったんだ。
ぼくがみんなのおふとんになり、
みんながぼくのおふとんになってくれていたんだ
そうおもうと、うれしくて・・・・・・うれしくて・・・・・・。


この部分は何とも言えないです。かわいくてかわいくて。
冬眠は1人でするイメージです。ずっと1人で眠って冬を越す・・・
想像してみた事もなかったのですが
冬眠というのはとても寂しいものなのかもしれませんね。
みんなで冬を超していたことに気付いたくまさんの気持ちを思うと
幸せ一杯になります。

毎年毎年この幸せな冬眠が続く事を想像しつつ
私たち親子も眠りに付く事ができました。
心が温まる優しい気持ちになるステキな絵本でした。


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | e

評価別

★★★★★ 必読!
★★★★_ おすすめ!
★★★__ 良い
★★___ イマイチ
★____ おすすめしない
ぜひ一度は読んで欲しいおすすめ絵本です
できれば読んで欲しいおすすめ絵本です
良い絵本です
ちょっと微妙に感じた絵本です
当サイトではあまりおすすめできない絵本です

目的・テーマ・内容別

内容・テーマ・ジャンル別一覧
絵本の目的・テーマ・内容等で検索できます

対象年齢別

(あくまでも目安です)
乳児から
幼児から
小学生から
大人も楽しめる
0歳・1歳から
2歳・3歳・4歳から
5歳・6歳・7歳から
大人も楽しめます

タイトル50音順

あ行 / か行 / さ行 / た行 / な行 / は行 / ま行 / や行 / ら行 / わ行

作者・著者別

作者・著者 一覧 掲載した絵本を作者・著者別に閲覧できます

出版社別

出版社 一覧 掲載した絵本を出版社別に閲覧できます

お買い得情報

お買い得情報など 絵本関連のお得情報など

特集・育児本など

特集 テーマ毎の特集記事など
育児本 育児本・育児雑誌の紹介

絵本イベント情報

絵本関連のイベント情報など 絵本関連のお得情報など

その他

このサイトについて 管理人プロフィール・連絡先・サイト概要