2010年11月29日

メリークリスマス、ペネロペ! (ペネロペしかけえほん)


「ペネロペ」のしかけ絵本はどれを見ても子供の食いつきが違いますね。
うちの子も小さい頃から、ペネロペのしかけ絵本は大好きでした。
今はもう6歳になりましたが、この「メリークリスマス、ペネロペ!」大好きですよ。
この時期にはもってこいのかわいらしい絵本ですよ。プレゼントしても喜ばれると思います。

なぜ、こんなにペネロペのしかけ絵本に魅了されるのかと考えてみると・・・

ただ開くとかではなく、矢印の方向へ引っ張ったり、まわしたり、開いたりと
子供が実際に自由に動かせるということ。
また、しかけが単純なものだけではなく、くるくる回って転げ落ちたりと
楽しいしかけがもりだくさん!!だからでしょうか・・・?
子供たちに愛される理由がわかる気がします。

しかけ絵本は、小さい子が力ずくで引っ張ると壊れがち。
この絵本もしっかりはしていますが、やはりすぐに壊れます。
なので、少し大きくなってからのほうが壊さず遊べて良いと思いますが
小さい子にも楽しめる絵本なので、壊れてしまうことには親がたえるというのも良いかもしれませんねわーい(嬉しい顔)

ちぎれたところはテープで補強するなどして
ものを大切に使うということを教えるのも良いかもしれません。

仕掛けを動かすときに、「うわ〜」などと言うと子供はとても喜びますよ。
親子一緒になってペネロペのしかけ絵本を楽しんで下さいね。


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | e
2010年11月18日

もじもじさんのことば劇場 オノマトペの巻


教育テレビの「ピタゴラスイッチ オノマトペのうた」が子供はとても大好きでした。
今でも、流れると口ずさむ程覚えています。
耳に残るのでしょうね。
私ももちろん覚えています。大好きです。

そんなオノマトペ。かわいらしい単語ですよね。
オノマトペ。

ウィキペディアによると・・・
擬声語(ぎせいご)とは擬音語と擬態語の総称で、オノマトピア(オノマトペア[1]、英:onomatopoeia)の訳語である。オノマトペ(仏:onomatopée)ともいう。擬声語を擬音語の一部とする文献もある。
だそうです。

そして、オススメしたいのがこの絵本。
かなり好きです。
絵も文も面白い。
オノマトペ最高!!

子供たちも夢中になってくれるのではないでしょうか?

私は西村 敏雄さんの絵本大好きです。
このブログではまだ「バルバルさん」しか紹介させていただいていませんが
今後たくさん載せたいと考えています。

西村さんの独特な絵が大好きです。

この絵本で楽しくオノマトペに親しみ、自然に身につくと思います。
小さい子から大人まで多くの人が楽しめる一冊だと思います。

■関連紹介記事
バルバルさん



おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 15:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | e
2010年11月17日

クリスマスの ふしぎな はこ

クリスマスの ふしぎな はこ (幼児絵本)
クリスマスの ふしぎな はこ (幼児絵本)

表紙をみてイメージしていたものと
中身が全く違っていて驚きました。

開いてみると昭和の香りが漂う絵。
あまりのギャップに、一瞬「えー!!!」となってしまいました。
期待はずれかな・・・と思いましたが
とてもわくわくする内容でした。

サンタさんは来てくれるのかな?など
クリスマスの日にワクワクする子供の頃の気持ちを思い出させてくれました。

「ふしぎなはこ」が実際にあったら嬉しいけど
ないからこそクリスマスが待ち遠しいものな気もします。

子供たちのかわいらしいしぐさや表情が笑顔にさせてくれます。

クリスマス近くなったら親子でぜひ読んで欲しいですね。


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 16:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | e
2010年11月15日

ガンバレ!!まけるな!!ナメクジくん [単行本]

ガンバレ!!まけるな!!ナメクジくん
ガンバレ!!まけるな!!ナメクジくん

更新が久々になってしまいました。
私自身、いろいろとあり、なかなか更新する気力がありませんでした。
・・・しかし!
やっとこ立ち直りましたので、また頑張りたいと思います。

そして、選んだのがこの絵本。
とても大好きです。

なめくじについて書かれたとても新鮮な絵本です。

今まで私はなめくじについて考えたことがなかったなぁとこの絵本を読んで思いました。

なめくじに塩をかけるととけるよね・・・ということくらい。
残酷ですが、なめくじと考えると塩と連想してしまう程で
とくにどうこう思うことはなかったですね。

でも、この絵本を読んでから、なめくじに対する考え方がかわりました。
人生を自ら切り開いていく気持ち、強さ、長い年月をかけての進化・・・
応援せずにはいられません。

なめくじを見かけることがあまりなかったのですが
なぜか、この絵本に出会ってからというものやたら見かけます。
私のなめくじをおもう気持ちが伝わったかのよう。

なめくじをよく観察してみたら、本当にカラのなごりのようなものが・・・
カラがなくても生きていけるように頑張ったんだね〜と
話しかけてしまいました。

生き物は全て頑張って生きているのですよね。
一度きりの人生、頑張って生きている。
後悔しない人生なんて難しいけど、自分なりによりよく楽しめる人生を送りたいと思いました。

なめくじくんありがとう。
これからも、応援しています。
絶対に塩はかけません!!


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 14:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | e
2010年04月02日

さくら (かがくのとも絵本)

さくら (かがくのとも絵本)
長谷川 摂子
福音館書店
おすすめ度の平均: 4.0
5 絵本『さくら』で、一足お先にお花見を♪
3 身近すぎて案外なかったソメイヨシノの絵本


「かがくのとも」がハード化されたものなのですね。
かがくのともはちょくちょく手にしているものの「さくら」は知りませんでした。

この絵本、とても美しいです。読んでいて落ち着く。
子供だけでなく、大人の方にもおすすめです。

今では満開の桜ですが、数日前からTVでも桜の開花などの件などで
「さくら」という言葉をよく耳にしました。
我が家も今週末お花見かわいい予定でするんるん
そんな中、この絵本と出会いました。

桜の一年がこの絵本には詰まっているのですが
木の上で起こっているさくらの一年は、知っているようで知らない事も。
ソメイヨシノにも実がなるなんて驚きでした!!
小さなさくらんぼるんるんでも、食べられないってちゃんと書いてありますわーい(嬉しい顔)
皆さんは実がなるなんて知っていましたか??

夏のページは、虫系が苦手な私にとっては「うげっ」と思ってしまうページでしたが
さくらの一年のことだけではなく、自然について子供と一緒に学べる絵本だと思います。

忠実に描かれたソメイヨシノ。その一年を子供とゆっくり眺めて学んで
お花見に行ったときに、この絵本の話をしながら観察できたら良いなと思います。


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 10:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | e
2010年03月26日

続・時の迷路 (単行本)

続・時の迷路
香川 元太郎
PHP研究所
おすすめ度の平均: 4.0
4 からくり遠眼鏡を手にした気分


先日の「進化の迷路」に続き、迷路シリーズです。このシリーズにはまりはじめています!!
それも家族で!!休日は必ず家族でこの本を囲んで楽しみます。
家族のコミュニケーションにももってこいの本ですねわーい(嬉しい顔)

今回は、迷路シリーズ第6弾をご紹介。
時の迷路―恐竜時代から江戸時代まで』につづく“歴史”がテーマの迷路絵本です。
第1弾から攻めていこうかと考えたりもしたし、
子供は「伝説の迷路―ヤマタノオロチの世界から神話と物語の旅へ」を
欲しがったのですが、いろいろ考えて第6弾を購入しました。
第6弾ということもあり、今までのものの中でより考えられている内容なのではないか?
という期待が一番あったからということでしょうか。

でも、6弾だから良かった!!とかではなく、やはりこのシリーズは面白い!!というのが感想です。

本は前回紹介した「進化の迷路」と同様の遊び方です。
でも、舞台も違いますし、すべての時代と場面を遊び終えても
「もう一度時間旅行へ」というページがあり、
新たな設問でもう一度楽しめるようになっています。
一冊で何度でも楽しめます。こんなに遊べるなら1300円は高くはないと感じました。
実家へ持っていっても、皆が熱中する様子を見て、この絵本の魅力はこれだ!!と感じます。
どのような年齢の方にも楽しんでもらえると思います!!


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | e
2010年03月22日

こんたのおつかい

こんたのおつかい
田中 友佳子
徳間書店
おすすめ度の平均: 4.5
4 ありがちなお話だけど…
5 驚いたり、笑ったり
5 子供の心をくすぐる絵本です


表紙ののほほんとしたイメージで読んだらびっくり!!
ギャップが!!!!!
うちの子はびびりなので、ページをめくるたびにびびっていましたわーい(嬉しい顔)

しゃれがきいていてとっても面白い絵本です!!

おつかいを頼まれたこぎつねのこんたは
いつもお母さんが「とおってはいけません」といっている
「もりのみち」を通ってみたくなって通ってしまうのです。

すると、表紙のイメージからは想像もできないような
見開き一ページを使った迫力のあるてんぐやおに、おばけが続々と…
そのときのこんたの表情もまたいい!!

絵が本当に素敵!!その時々で違うリアルな絵や
表紙のようなほのぼのとした絵、迫力満点な絵。
私はかなり気に入りました!!
読み聞かせにはもってこいな一冊だと思います。
おすすめでーすわーい(嬉しい顔)


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | e

評価別

★★★★★ 必読!
★★★★_ おすすめ!
★★★__ 良い
★★___ イマイチ
★____ おすすめしない
ぜひ一度は読んで欲しいおすすめ絵本です
できれば読んで欲しいおすすめ絵本です
良い絵本です
ちょっと微妙に感じた絵本です
当サイトではあまりおすすめできない絵本です

目的・テーマ・内容別

内容・テーマ・ジャンル別一覧
絵本の目的・テーマ・内容等で検索できます

対象年齢別

(あくまでも目安です)
乳児から
幼児から
小学生から
大人も楽しめる
0歳・1歳から
2歳・3歳・4歳から
5歳・6歳・7歳から
大人も楽しめます

タイトル50音順

あ行 / か行 / さ行 / た行 / な行 / は行 / ま行 / や行 / ら行 / わ行

作者・著者別

作者・著者 一覧 掲載した絵本を作者・著者別に閲覧できます

出版社別

出版社 一覧 掲載した絵本を出版社別に閲覧できます

お買い得情報

お買い得情報など 絵本関連のお得情報など

特集・育児本など

特集 テーマ毎の特集記事など
育児本 育児本・育児雑誌の紹介

絵本イベント情報

絵本関連のイベント情報など 絵本関連のお得情報など

その他

このサイトについて 管理人プロフィール・連絡先・サイト概要