2017年01月17日

かず・かたちの図鑑 (小学館の子ども図鑑 プレNEO)

『きせつの図鑑』に続く小学館の子ども図鑑プレNEOシリーズ第2弾。
この図鑑は上の子が幼稚園のころに購入しました。
我が家にはこの他に『こくごの図鑑』『ふしぎの図鑑』の計3冊あります。
価格を見ると図鑑だけあってなお値段。よく3冊も買ってあげたなぁ…
今だったら悩んでしまうお値段です。若かったからだろうか…

我が家はこれらの図鑑をリビングのすぐに取り出せる棚に置いていました。
が、上の子はほとんど読まなかったと思います。
読んでいる姿をほとんど見たことがなく、買わなきゃよかった…と何度思ったことか。
「リビングに図鑑があると良い」という話を聞いたことがあったので実践していた訳なのですが
上の子には全く効果がありませんでした…
では、なぜ上の子には効果がなかったのか考えてみました。

決定的な理由として思い当たる点が2つ。

1点目は、なぜ?や疑問に思った出来事をを調べても載っていないことが続いた。
2点目は、結局買い与えただけだった。一緒になって楽しく読んでいたら興味を持ってくれたとのではないか。
この2点が上の子に響かなかった理由だと推測します。
2点目は、本当にお恥ずかしい限りで。

当時の私はリビングに置いておきさえすれば子供が勝手に興味を持って読んでくれると考えていたのでしょう…
図鑑を欲しがったのも子供自身でしたので…それが甘かった…
こういうブログを書いておきながらお恥ずかしい話です。

でも、娘が生まれ、気が付くと娘はこれらの図鑑を勝手に引っ張り出して眺めていたのです。
まだ字も読めないうちから。そして、何やら自分で話を作って読んでいる様子でした。図鑑なのに。
しかも、よく理解していらっしゃる。

娘との会話で、「そんなことよく知っているね〜」ときくと図鑑に書いてあったと。
ま、当時はまだ字が読めなかったので偶然当たっただけだと思うのですが。
そして、字が読めるようになってきた今はもう少し理解が深まるのではと期待しています。
今度は一緒に楽しく読みたいと思います。
本当によくできた内容で、子供だけでなく大人も、親子で楽しめると思います。
親子で知識の幅を広げてみませんか。

かず・かたちの図鑑 (小学館の子ども図鑑 プレNEO)
かず・かたちの図鑑 (小学館の子ども図鑑 プレNEO)

こくごの図鑑 (小学館の子ども図鑑プレNEO)
こくごの図鑑 (小学館の子ども図鑑プレNEO)

ふしぎの図鑑 (小学館の子ども図鑑プレNEO)
ふしぎの図鑑 (小学館の子ども図鑑プレNEO)


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | e
2011年12月04日

クリスマスえほん 楽しいしかけがいっぱい (とびだすえほん)


街はハロウィンだな〜なんて思っていたら
今ではもうクリスマスクリスマス
わくわくしますね〜
私にはサンタさん来てくれないのですけどね〜もうやだ〜(悲しい顔)
ここ何年も・・・何十年も?

このブログでもクリスマス絵本のアクセスが11月に入ってすぐより多くなりました。
皆様、情報を集める時期が早いですね!!
見習わなければあせあせ(飛び散る汗)

書店でもクリスマスの絵本が店頭に並び
本屋さんへ行くのがより楽しみになりましたるんるん

そんな中
以前このブログでもご紹介させていただいた
とびだす!うごく!のりもの (てのひらえほん)」のわらべきみかさんの
「クリスマスえほん」を発見目

期待大で開いてみると〜・・・・・
裏切ることのない大迫力の飛び出すしかけが!!!
もうたまらなくかわいいハートたち(複数ハート)
子供の心を鷲掴みですね!!
てのひら絵本よりは少し大きなサイズの絵本となりますが
そこに隠れているしかけはまたまた凝っていてなんともいえない満足感がありました。
クリスマスにぴったりの絵本ですクリスマス
うちの子はもう小学生なので購入しませんでしたが
誰かにプレゼントしたい!!と思いました。

皆様もぜひ手にとって感動してくださいねかわいい


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | e
2011年11月17日

じっけんきみの探知器 (たくさんのふしぎ傑作集)



これは学べる絵本です!!

おはよう!今、きみは何を感じる?
まぶしい朝の光? さわやかな風? 友だちがよぶ声?
今日はどんな日になるんだろう。
 きみの探知器は、きみに
ワクワク・ドキドキを
運んでくる。



さあ、きみの探知器のじっけん開始!

このように始まります。
すでに、楽しい内容が待っていそうですよね。

音の探知器
バランスの探知器
光の探知器
味の探知器
においの探知器
いちばん大きな探知器/皮膚はきみをまもる

これらの探知器に触れ、実験し、仕組みを知る・・・
難しい内容もあるけれど、イラストによってとてもわかりやすく表現されていて
親も学べます!!

我が家はこの絵本を読みながら一緒に実験もしましたよ。

糸でんわを作ったり、バランスをとってみたり
手のひらにあながあく?なんていう実験もしてみたり。

本当に穴があいたよ!!
うちの子代興奮♪

この絵本でうちの子の利き目も知ることができました。
そういえば利き目ってあるんだったなと思い出すきっかけがこの絵本となりました。
手の痛点も、顔のどこが敏感なのかも探しました。
絵本を読みながら実験もできて面白い!!

ちいさな絵本の中にたくさんの発見が詰まっていました。


探知器がつくるきみの世界

 探知器のしくみは、だれでも同じなんだけど、
探知器でまわりをさぐってつくりあげた世界は、
一人一人ちがっている。
これは、その人の興味によって、
探知器の向きやするどさがちがうからだ。
 もっと耳をすまそう。もっと目を見はろう。
きみの探知器をはりめぐらして、
ピッピッピッと世界を感じよう。
 きみのつくる世界はどんなかな?

と最後の方のページに書かれています。
何だかとっても感動してしまいます。
子供たち、それぞれ違った世界・・・
本当に楽しみ。

子供たちの未来に多くの幸せが溢れるように
私たち大人に多くの課題があるように思います。
いろいろなことを考える絵本でした。


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 06:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | e
2011年10月11日

こんもりくん



表紙の絵とタイトルにひかれて手に取りました。
この「こんもりくん」の表情!!
楽しいに違いない!!と感じました。
表紙のこんもりくんの表情がそれを物語っていませんか?!

読みすすめるとやはり絵が好き。
独特な雰囲気がたまらなく好き。
ファンになりました。

内容は実にありえないものなのですが、
子供の想像力をかきたててくれそうです。
子供には、いつまでもこのような想像をしながら
楽しく日々を過ごして欲しいと思います。
何事にも前向きで、小さなことなど気にしないまっすぐなこんもりくんのように。

・・・でも、おふろにはちゃんと入って欲しいし、髪の毛もちゃんと切って欲しいから
こんもりくんの楽しい思考回路をもってくれているといいなぁ
こんもりくんの絵本のような楽しいことを日々考えて
毎日毎日を大切にして、楽しく強く生きて欲しいと願います。

この絵本の中で
「だって、いいことがいっぱいあるんだよ。
ことりはきとまちがえてとまるし・・・・・・。
たべかけのおやつをほうりこんでおけば、
おなかがすいたときにたべられるんだ。
おはなだってかびんごとさしちゃえば、
いつまでもかれないよ」

というところがあるのですが
ツッコミ所満載ですよねわーい(嬉しい顔)

食べかけのおやつを髪の毛の中に放り込んだらべったべたになりそうだし
お花を花瓶ごと髪の毛に入れたら重たくてしょうがない
もともとこんもり頭でひとりで起き上がれないくらいなのに〜わーい(嬉しい顔)

このページの絵がまたたまらなく良いんです!!
楽しい気持ちになります。
絵本の結末はどのようになるのか・・・ぜひ読んでみてくださいねるんるん

子供より大人の私のほうが気に入ってしまったようですわーい(嬉しい顔)

山西さんの絵本にどっぷりはまった私は
山西さんのサイトを発見。
その中にこんもりくんのはなしが・・・
この絵本のタイトルが
こんもりくんではなく「もんまりくん」だったかもしれなかったなんてわーい(嬉しい顔)

こんもりくんに決まってよかった!!


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 08:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | e
2011年09月15日

視覚ミステリーえほん

視覚ミステリーえほん
ウォルター ウィック
あすなろ書房


うちの子が大好きな絵本です。
だまし絵など、脳の錯覚が大好きみたいです。
脳が鍛えられそうだから親としても、好きは嬉しい。

はじめの
「読者のみなさんへ」というページでもうやられます。
本当に、ものの見方が変わって、自分の目を信じるわけにはいかなくなります。

自分の見ている世界は自分の目によって違うものになっているかもしれません。
自分が自分にだまされているのかも??

見る角度が違うだけでこんなにも違って見える事実。
常に同じ考え方、見方をするのではなく
さまざまな角度からものを見る、考えるという発想をもちたいとおもいました。

人生まだまだ楽しいことがたくさん溢れている!!と思える絵本です。
子供だけでなくいろいろな世代の方に読んで欲しい。

目がだまされているのを楽しみましょう。
親子で楽しく読み進められると思いますよ♪


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | e
2011年01月05日

歯がぬけた



うちの子の周りでも、すこしずつ歯が抜けたという話を聞くようになってきました。
我が家はまだまだそんな雰囲気はないのですが、良い絵本を見つけたので購入しました。
それが、この絵本です。

「歯がぬけた」
とってもわかりやすいタイトル。

歯が抜けるときってこういう感じなんだよ。
歯が抜けるということはこういうことなんだよ。
とわかってもらいたくて購入したのですが
伝わったかな?
歯が抜けるという初めての経験は、子供にとってちょっぴり心配なことかもしれませんね。
この絵本を読むとそんな不安や心配を少しでも減らすことができるような気がします。

歯が抜けた「ぼく」の行動や想像することがとても楽しくて
子供と一緒に大笑いしましたよ。
昔の自分とかさなって、懐かしくもなりました。
鮮明にその頃の自分が思い出されて、「歯が抜ける」ということは
こんなにも記憶に残る出来事なのだなぁとびっくり。

私の歯は、この絵本の「ぼく」のようにぐらぐらしてあっさり抜けませんでした。
ほとんどとれているようなのに、しぶとくくっついていて
無理やり「えいやっ」と引っ張った記憶があります。ちょっと痛かった。
もう少し我慢していれば、あっさり抜けたのかな?

抜けた歯は、
私の場合は、上の歯は下にポーンと投げ
下の歯は屋根によいしょと投げました。
「ねずみの歯よりつよくなあれ」とは言ったりしませんでした。
こうやって言うのがメジャーだったのでしょうか・・・?

うちの子の場合はどうしようかなぁと今から楽しみです。
子供はどうしたいというかなぁ?


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | e
2010年12月12日

ぼく、仮面ライダーになる! オーズ編



作者ののぶみさんは、NHKの「おかあさんといっしょ」や「みいつけた!」などでも活躍されている大人気の方です。

以前、「ぼく、仮面ライダーになる!」をご紹介しましたが、今回はその新作「オーズ編」です。
今まさにテレビでも大人気の「仮面ライダーオーズ」なので特に男の子は最初から食い付きが良いのではないでしょうか(笑)

内容ですが、冒頭から色々な仮面ライダーのソフビ?が登場。
まずこれが非常に細かい!
のぶみさんの本気度が伝わってきます。
ライダーネタを安易に扱った絵本じゃないです。
子供って意外とそういう違いをしっかりと感じ取るんですよね。

主人公のかんちゃんには妹のアンちゃんがいるのですが、
お兄ちゃんは何かと我慢しなければならない事が多くて
細かな不満がたまるんです。
これは僕自身経験があるのでよくわかります。

このかんちゃんも、そんなもやもやを抱えていたある日、
怪人が登場してアンちゃんをさらってしまいます。

そこでかんちゃんが変身して・・となるわけですが、
ちょっと意外な展開もあり、
もちろん仮面ライダーオーズの登場もあり・・で
仮面ライダー好きのうちの息子などはもう夢中です(笑)

僕は関心しきりでした。
世の中の子供たちが、仮面ライダーの何に惹かれるのか。
これをちゃんと理解した上で描かれているんですよね。

正確に言うと、うちの息子はただのライダー好きではなくて
完全に仮面ライダーオタクの領域なのですが、
この絵本には大満足していました。

そして前作同様、ただの『仮面ライダーのお話』ではなく
子供に読ませる絵本としてしっかりと作られているので
仮面ライダーをあまり知らないお子様にも良いのではないかと思います。

さらに、よく見ると細かい部分にちょっとした遊びが隠されていて、
何度も読み返したり親子で一緒に楽しんだりもできます。

評価は★5個でも・・と思ったのですが
一応仮面ライダーを知らない子やオーズ世代じゃない子なども考慮して
★4個とさせていただきました。

今おすすめの一冊です。

↓こちらは前作です。仮面ライダーWが登場しますよ。
ぼく、仮面ライダーになる! (講談社の創作絵本)
のぶみ
講談社
売り上げランキング: 4829
おすすめ度の平均: 5.0
5 ほのぼのタッチのヒーロー絵本
5 ぼくも仮面ライダーになりたい!
5 ヒーローに必要なもの


余談ですが、仮面ライダーブラックが登場するのにディケイドやカブトがいないのは版権等の問題なんですかね・・?オタクの息子が指摘してました(笑)


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き父 at 01:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | e

評価別

★★★★★ 必読!
★★★★_ おすすめ!
★★★__ 良い
★★___ イマイチ
★____ おすすめしない
ぜひ一度は読んで欲しいおすすめ絵本です
できれば読んで欲しいおすすめ絵本です
良い絵本です
ちょっと微妙に感じた絵本です
当サイトではあまりおすすめできない絵本です

目的・テーマ・内容別

内容・テーマ・ジャンル別一覧
絵本の目的・テーマ・内容等で検索できます

対象年齢別

(あくまでも目安です)
乳児から
幼児から
小学生から
大人も楽しめる
0歳・1歳から
2歳・3歳・4歳から
5歳・6歳・7歳から
大人も楽しめます

タイトル50音順

あ行 / か行 / さ行 / た行 / な行 / は行 / ま行 / や行 / ら行 / わ行

作者・著者別

作者・著者 一覧 掲載した絵本を作者・著者別に閲覧できます

出版社別

出版社 一覧 掲載した絵本を出版社別に閲覧できます

お買い得情報

お買い得情報など 絵本関連のお得情報など

特集・育児本など

特集 テーマ毎の特集記事など
育児本 育児本・育児雑誌の紹介

絵本イベント情報

絵本関連のイベント情報など 絵本関連のお得情報など

その他

このサイトについて 管理人プロフィール・連絡先・サイト概要