2017年09月05日

”実際のあかちゃんにきいて作った”絵本「うるしー (あかちゃん学絵本)」

東京大学あかちゃんラボとディスカヴァー・トゥエンティワンが、あかちゃん学絵本プロジェクトを立ち上げ「あかちゃんの立場」を尊重して、あかちゃんが本当に「好きな」絵本を作っていらっしゃるのですね。
これは面白い!!

うるしー (あかちゃん学絵本)
うるしー (あかちゃん学絵本)

そう思って、ページをめくると…
かわいい
よくある赤ちゃん絵本とは少し違って色使いもかわいい。
内容はくまのうるしーのぼうしからいろいろなものが出てくるもので、
ぼうしの中から何が出てくるか当てながら読み進める感じです。

もちろん赤ちゃんには当てることはできないと思いますが、バナナや三輪車などお馴染みのものが次々と登場するので
「バナナがでてきたね〜」などと説明しながら読み進めると良いですよね。
少し成長したら「なにがでるかな?」「うるうるうるしー」とうるしーの持つ帽子の中から
登場するものの一部が見えているので、それをヒントに一生懸命考えて当てるのも面白そう。
赤ちゃんから見て楽しんで、少し成長したらクイズを楽しむ…長く楽しめる絵本ではないでしょうか。

あかちゃんに審査員になってもらい、キャラクターの人気投票をしてキャラクターを決めたようです。
あかちゃんの人気ナンバーワンがくまのうるしーなんですね

”少し専門的な統計処理”をして出た結果から作られているというのも面白いですね。
 本当の赤ちゃん視点で作られている。
統計なので万人に受け入れられるということではないと思いますが
プレゼントにもいいな〜と思いました。
我が家には赤ちゃんがいないので実際にどのような反応をするのか?という楽しみ方ができないのが残念。

「うるしー」のほかにも
「もいもい」と「モイモイとキーリー 」という絵本も出ています。
両方とも読んでみましたが、この2冊はわりとよくある赤ちゃん絵本に近いものと感じたので
このブログでは「うるしー」を紹介させていただきました。
でも、「うるしー」と同じように上の2冊も赤ちゃんと一緒に作り上げた絵本ということなので
反応が気になります。
特に「もいもい」はうちの子たちが赤ちゃんの時に読み聞かせをしてみたかったなと思いました。

もいもい (あかちゃん学絵本)
もいもい (あかちゃん学絵本)

モイモイとキーリー (あかちゃん学絵本)
モイモイとキーリー (あかちゃん学絵本)


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 14:12 | Comment(0) | e
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

評価別

★★★★★ 必読!
★★★★_ おすすめ!
★★★__ 良い
★★___ イマイチ
★____ おすすめしない
ぜひ一度は読んで欲しいおすすめ絵本です
できれば読んで欲しいおすすめ絵本です
良い絵本です
ちょっと微妙に感じた絵本です
当サイトではあまりおすすめできない絵本です

目的・テーマ・内容別

内容・テーマ・ジャンル別一覧
絵本の目的・テーマ・内容等で検索できます

対象年齢別

(あくまでも目安です)
乳児から
幼児から
小学生から
大人も楽しめる
0歳・1歳から
2歳・3歳・4歳から
5歳・6歳・7歳から
大人も楽しめます

タイトル50音順

あ行 / か行 / さ行 / た行 / な行 / は行 / ま行 / や行 / ら行 / わ行

作者・著者別

作者・著者 一覧 掲載した絵本を作者・著者別に閲覧できます

出版社別

出版社 一覧 掲載した絵本を出版社別に閲覧できます

お買い得情報

お買い得情報など 絵本関連のお得情報など

特集・育児本など

特集 テーマ毎の特集記事など
育児本 育児本・育児雑誌の紹介

絵本イベント情報

絵本関連のイベント情報など 絵本関連のお得情報など

その他

このサイトについて 管理人プロフィール・連絡先・サイト概要