2017年01月15日

にじいろのさかな

とても久しぶりの更新となります。
また、少しづつ始められたらなと思います。

お休みをしている間に娘が生まれ、娘は上の子と同様、本屋さんや図書館が大好きです。
そして、娘が選ぶ絵本が私は大好きなので今後は娘チョイスの絵本の更新になりそうです。

『にじいろの さかな』も、娘が選んできたもの。
本自体はよく目にしていましたが今回はじめて読みました。
キラキラうろこが素敵でとても美しい絵本です。

読むのがとても楽しみでしたが読んでみるととても複雑な気持ちになりました。
にじいろのさかなは
にじのように、さまざまないろあいの、あおとみどりとむらさきのうろこ。
そのなかにきらきらかがやくぎんのうろこ。
を生まれながらにして持っています。
そのためか他の魚たちに傲慢な態度をとってしまい、ひとりぼっちになってしまいます。
きれいな魚なのに誰にも好きになってもらえないという悩みを相談すると
たこのおばさんにある助言を受けます。
その後じいろのさかなは助言通りの行動をとり、みんなと一緒にいられてとても幸せになります。

この絵本の意図は理解できます。
傲慢な態度をとっていると友達がいなくなること、
自分のことばかりだと周りに嫌がられること。
子供に学んでもらえる内容も含まれているとは思います。

しかし、みんなに銀のうろこを分け与えなければ仲良くなれないのでしょうか?
分け与えるのではなく貸してあげるという方がしっくりきたような…
そもそもお友達が離れて行ってしまったのは傲慢な態度をとったからなのではないでしょうか?
おもちゃやおやつを独り占めにしてはいけないよ?皆に貸してあげて一緒に遊んだ方が楽しいよ?
みんなで食べるとおいしいよね!!という話が子供とできたらよかったのですが
この絵本ではみんな同じでないと仲良くできない、個性は必要ないというようなきもちになってしまい、いろいろ理解してくる年齢の子にはあまり読めないかなぁと。
でも、いろいろ考えさせられるという意味ではよいのかもしれませんね。
子供が小さいうちは何度か読むかもしれません。
そのときの子供の反応で親が助言してあげられればよいのかもしれないですね。

にじいろのさかな (世界の絵本)
にじいろのさかな (世界の絵本)


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 17:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | e
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

評価別

★★★★★ 必読!
★★★★_ おすすめ!
★★★__ 良い
★★___ イマイチ
★____ おすすめしない
ぜひ一度は読んで欲しいおすすめ絵本です
できれば読んで欲しいおすすめ絵本です
良い絵本です
ちょっと微妙に感じた絵本です
当サイトではあまりおすすめできない絵本です

目的・テーマ・内容別

内容・テーマ・ジャンル別一覧
絵本の目的・テーマ・内容等で検索できます

対象年齢別

(あくまでも目安です)
乳児から
幼児から
小学生から
大人も楽しめる
0歳・1歳から
2歳・3歳・4歳から
5歳・6歳・7歳から
大人も楽しめます

タイトル50音順

あ行 / か行 / さ行 / た行 / な行 / は行 / ま行 / や行 / ら行 / わ行

作者・著者別

作者・著者 一覧 掲載した絵本を作者・著者別に閲覧できます

出版社別

出版社 一覧 掲載した絵本を出版社別に閲覧できます

お買い得情報

お買い得情報など 絵本関連のお得情報など

特集・育児本など

特集 テーマ毎の特集記事など
育児本 育児本・育児雑誌の紹介

絵本イベント情報

絵本関連のイベント情報など 絵本関連のお得情報など

その他

このサイトについて 管理人プロフィール・連絡先・サイト概要