2010年12月12日

ぼく、仮面ライダーになる! オーズ編



作者ののぶみさんは、NHKの「おかあさんといっしょ」や「みいつけた!」などでも活躍されている大人気の方です。

以前、「ぼく、仮面ライダーになる!」をご紹介しましたが、今回はその新作「オーズ編」です。
今まさにテレビでも大人気の「仮面ライダーオーズ」なので特に男の子は最初から食い付きが良いのではないでしょうか(笑)

内容ですが、冒頭から色々な仮面ライダーのソフビ?が登場。
まずこれが非常に細かい!
のぶみさんの本気度が伝わってきます。
ライダーネタを安易に扱った絵本じゃないです。
子供って意外とそういう違いをしっかりと感じ取るんですよね。

主人公のかんちゃんには妹のアンちゃんがいるのですが、
お兄ちゃんは何かと我慢しなければならない事が多くて
細かな不満がたまるんです。
これは僕自身経験があるのでよくわかります。

このかんちゃんも、そんなもやもやを抱えていたある日、
怪人が登場してアンちゃんをさらってしまいます。

そこでかんちゃんが変身して・・となるわけですが、
ちょっと意外な展開もあり、
もちろん仮面ライダーオーズの登場もあり・・で
仮面ライダー好きのうちの息子などはもう夢中です(笑)

僕は関心しきりでした。
世の中の子供たちが、仮面ライダーの何に惹かれるのか。
これをちゃんと理解した上で描かれているんですよね。

正確に言うと、うちの息子はただのライダー好きではなくて
完全に仮面ライダーオタクの領域なのですが、
この絵本には大満足していました。

そして前作同様、ただの『仮面ライダーのお話』ではなく
子供に読ませる絵本としてしっかりと作られているので
仮面ライダーをあまり知らないお子様にも良いのではないかと思います。

さらに、よく見ると細かい部分にちょっとした遊びが隠されていて、
何度も読み返したり親子で一緒に楽しんだりもできます。

評価は★5個でも・・と思ったのですが
一応仮面ライダーを知らない子やオーズ世代じゃない子なども考慮して
★4個とさせていただきました。

今おすすめの一冊です。

↓こちらは前作です。仮面ライダーWが登場しますよ。
ぼく、仮面ライダーになる! (講談社の創作絵本)
のぶみ
講談社
売り上げランキング: 4829
おすすめ度の平均: 5.0
5 ほのぼのタッチのヒーロー絵本
5 ぼくも仮面ライダーになりたい!
5 ヒーローに必要なもの


余談ですが、仮面ライダーブラックが登場するのにディケイドやカブトがいないのは版権等の問題なんですかね・・?オタクの息子が指摘してました(笑)


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き父 at 01:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | e
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

評価別

★★★★★ 必読!
★★★★_ おすすめ!
★★★__ 良い
★★___ イマイチ
★____ おすすめしない
ぜひ一度は読んで欲しいおすすめ絵本です
できれば読んで欲しいおすすめ絵本です
良い絵本です
ちょっと微妙に感じた絵本です
当サイトではあまりおすすめできない絵本です

目的・テーマ・内容別

内容・テーマ・ジャンル別一覧
絵本の目的・テーマ・内容等で検索できます

対象年齢別

(あくまでも目安です)
乳児から
幼児から
小学生から
大人も楽しめる
0歳・1歳から
2歳・3歳・4歳から
5歳・6歳・7歳から
大人も楽しめます

タイトル50音順

あ行 / か行 / さ行 / た行 / な行 / は行 / ま行 / や行 / ら行 / わ行

作者・著者別

作者・著者 一覧 掲載した絵本を作者・著者別に閲覧できます

出版社別

出版社 一覧 掲載した絵本を出版社別に閲覧できます

お買い得情報

お買い得情報など 絵本関連のお得情報など

特集・育児本など

特集 テーマ毎の特集記事など
育児本 育児本・育児雑誌の紹介

絵本イベント情報

絵本関連のイベント情報など 絵本関連のお得情報など

その他

このサイトについて 管理人プロフィール・連絡先・サイト概要