2009年10月20日

っぽい

っぽい
ピーター・レイノルズ
主婦の友社
おすすめ度の平均: 5.0
5 「『こうでなければならない』というもの以外のすべて」


主人公のラモンは、絵を描くのが大好きな男の子。
しかしある日、自分が描いた絵を馬鹿にされ、笑われてしまう。
ラモンはそれを境に大好きな絵が思うように描けなくなってしまいます。
「正しい絵」を描こうとしても上手くいかず、最終的に描くのをやめてしまいます。
そんな時、妹とのあるやりとりがきっかけとなり、ラモンは再び自由に大好きな絵を描けるようになります。
その後のラモンは本当に自由で豊かで幸せそうです。

世の中には本当に「正しい」ものなんてそんなにないと思いますし、
正しくなくたっていいものもたくさんあります。
多くの子供は、幼い頃は何かを描くのが好きだと思います。
みな嬉しそうに思い思いの絵を描きます。
それがいつしか他人に評価されるようになり、それを意識するようになり、
好きなように描けなくなる。
そんな子供は意外とたくさんいるんじゃないかと思っています。

でもそれって凄く勿体無いですよね。
「才能」や「可能性」という意味でも勿体無いですが、
まず好きなものが好きでなくなってしまうという事そのものが勿体無い。
これは絵に限らず何でも同じです。

私は親として、子供の好きなものややりたい事、自由な発想といったものは、できる限り残してあげたいと考えています。
他人の評価や視線によってそれが揺らがないような子に育てたいと思っています。

そういう意味でこの絵本が伝えてくれるものは、私が育児の中で子供に伝えたいと考えている事そのものでした。
この絵本が、自分の価値観を大切にする心を作る1つの助けになればいいと思います。
是非、多くの子供たちに読んでもらいたい絵本です。


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き父 at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | e
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130749153
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

評価別

★★★★★ 必読!
★★★★_ おすすめ!
★★★__ 良い
★★___ イマイチ
★____ おすすめしない
ぜひ一度は読んで欲しいおすすめ絵本です
できれば読んで欲しいおすすめ絵本です
良い絵本です
ちょっと微妙に感じた絵本です
当サイトではあまりおすすめできない絵本です

目的・テーマ・内容別

内容・テーマ・ジャンル別一覧
絵本の目的・テーマ・内容等で検索できます

対象年齢別

(あくまでも目安です)
乳児から
幼児から
小学生から
大人も楽しめる
0歳・1歳から
2歳・3歳・4歳から
5歳・6歳・7歳から
大人も楽しめます

タイトル50音順

あ行 / か行 / さ行 / た行 / な行 / は行 / ま行 / や行 / ら行 / わ行

作者・著者別

作者・著者 一覧 掲載した絵本を作者・著者別に閲覧できます

出版社別

出版社 一覧 掲載した絵本を出版社別に閲覧できます

お買い得情報

お買い得情報など 絵本関連のお得情報など

特集・育児本など

特集 テーマ毎の特集記事など
育児本 育児本・育児雑誌の紹介

絵本イベント情報

絵本関連のイベント情報など 絵本関連のお得情報など

その他

このサイトについて 管理人プロフィール・連絡先・サイト概要