2009年03月18日

みんなおやすみ…

みんなおやすみ…
和木 亮子 いもと ようこ
金の星社
おすすめ度の平均: 5.0
5 本当に暖かい本です。


「本書は、秋篠宮悠仁さまのご誕生を記念した読売新聞社主催
創作童話コンテスト・大賞受賞作『ねむれない夜に』を原作とし、
絵本向けにするために、その原文をいもとようこ氏が大幅に修正して
絵本化したものです。」

このように、この絵本は読む前からわくわくしました。
子供の寝かしつけにも良いかな?どんな内容かな?など・・・
表紙のくまさんの表情が何とも言えず愛らしい。

ゆきがふってきたというのに、
くまはねむれないでいました。

『どうしてことしは
ねむれないんだろう・・・・・・。
はやくねむらなくちゃ・・・・・』
とはじまります。

めをとじていたら、そのうちねむれるだろう
・・・など
くまさんの行動には親近感がありますよね。
冬眠前のくまさんがこんな事を考えているのかな
などと思うと楽しくなります。

しばらくすると・・・ぬきあしさしあしでのねずみ、りす、
たぬき、きつね、いたち、うさぎの親子が
「さむ〜い」と言いながら次々とやってきます。
その間、くまさんは寝たふりをして耳をすましています。
動物たちは、くまさんによじ登り、抱きついていきます。

みんな、くまさんが寝ていると思っての行動なのです。
くまさんをお布団にして冬を越していたのですね。
でも、くまさんは、今まですぐに寝入っていたから知らなかったのです。

ふゆのあいだ、みんなはぼくをおふとんにしてたんだ。
まいとし、ぼくのおふとんでねてたんだ。
ぼくは、ひとりぼっちでさみしくねむっているとおもっていたけど
ひとりぼっちじゃなかったんだ。
ぼくがみんなのおふとんになり、
みんながぼくのおふとんになってくれていたんだ
そうおもうと、うれしくて・・・・・・うれしくて・・・・・・。


この部分は何とも言えないです。かわいくてかわいくて。
冬眠は1人でするイメージです。ずっと1人で眠って冬を越す・・・
想像してみた事もなかったのですが
冬眠というのはとても寂しいものなのかもしれませんね。
みんなで冬を超していたことに気付いたくまさんの気持ちを思うと
幸せ一杯になります。

毎年毎年この幸せな冬眠が続く事を想像しつつ
私たち親子も眠りに付く事ができました。
心が温まる優しい気持ちになるステキな絵本でした。


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | e
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115811380
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

評価別

★★★★★ 必読!
★★★★_ おすすめ!
★★★__ 良い
★★___ イマイチ
★____ おすすめしない
ぜひ一度は読んで欲しいおすすめ絵本です
できれば読んで欲しいおすすめ絵本です
良い絵本です
ちょっと微妙に感じた絵本です
当サイトではあまりおすすめできない絵本です

目的・テーマ・内容別

内容・テーマ・ジャンル別一覧
絵本の目的・テーマ・内容等で検索できます

対象年齢別

(あくまでも目安です)
乳児から
幼児から
小学生から
大人も楽しめる
0歳・1歳から
2歳・3歳・4歳から
5歳・6歳・7歳から
大人も楽しめます

タイトル50音順

あ行 / か行 / さ行 / た行 / な行 / は行 / ま行 / や行 / ら行 / わ行

作者・著者別

作者・著者 一覧 掲載した絵本を作者・著者別に閲覧できます

出版社別

出版社 一覧 掲載した絵本を出版社別に閲覧できます

お買い得情報

お買い得情報など 絵本関連のお得情報など

特集・育児本など

特集 テーマ毎の特集記事など
育児本 育児本・育児雑誌の紹介

絵本イベント情報

絵本関連のイベント情報など 絵本関連のお得情報など

その他

このサイトについて 管理人プロフィール・連絡先・サイト概要