2017年09月16日

ふたりはバレリーナ

娘がバレエに興味を持ち始めたのでこの絵本が気になって手に取った一冊です。

ふたりはバレリーナ
ふたりはバレリーナ

バレエに興味があるはずなのにこの絵本にはあまり興味を示さなかった娘ですが
最近、習い始めたのでまた読んでみたいと思います。
娘は本格的なものではありませんが、習い始めたことで違った反応が見られるかな?
楽しみです。

この絵本は、バレエが大好きな”ちいさなエマ”と”おおきなジュリア”ふたりのある一日が
同時進行で描かれていきます。とても楽しい作りだなと思いました。
心ひかれる素敵な絵で、お話に引き込まれてしまいます。
ふたりのお部屋のページも何とも言えないかわいらしさ。
娘にもエマちゃんのように
バレリーナたちのどんな動きもみのがすまいとめをこらして一生懸命観て学ぶ姿勢を学んで欲しいものです。


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 09:15 | Comment(0) | e
2017年09月11日

カレルチャペック紅茶店のアイドル「みつばちバジーちゃん」

カレルチャペック紅茶店のオーナーでもいらっしゃるやまだうたこさんの絵本。
柔らかな雰囲気でとてもかわいらしいです。
私は黄色が多用されている絵本に惹かれてしまうようです

みつばちバジーちゃん
みつばちバジーちゃん

うたこさんが「毎日がちいさな冒険だった子どものころを思い出してこの絵本をつくりました。」と
おっしゃっている通り、バジーちゃんのいちにちの大冒険が描かれています。
娘はこの絵本に影響されて画用紙を花びらのように切り取り、ドレスにしていましたよ。
バジーちゃんの冒険にちょっとヒヤリと心配になってしまう私とは違って
バジーちゃんはそんな状況の中でも楽しみ、焦ることなく落ち着いています。
大物だわ…
バジーちゃんはとってもかくれんぼが上手。バジーちゃんを子供たちに探してもらうのも楽しいですね。
かわいらしいイラストに何だかほっこりとなりました。

私はカレルチャペック紅茶店でバジーちゃんを知っていたのですが
娘は絵本のバジーちゃんしか知りません。
この絵本を読んだらカレルチャペック紅茶店へ久しぶりに行ってみたくなりました。
娘と行ってみようと思います


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 09:00 | Comment(0) | e
2017年09月10日

ため息が出るほど素敵な「エイモスさんがかぜをひくと」

穏やかな時間が流れる、とても優しい絵本です。
内容も絵も色使いも…全てが優しさに包まれている。
大人にとてもおすすめな絵本です。
私はこの絵本でかなり癒されました。

エイモスさんがかぜをひくと
エイモスさんがかぜをひくと

エイモスさんは規則正しい生活をしています。
毎日同じ時間にバスに乗りお仕事へ…
毎日やることがたくさんあって忙しいけれど、
何とか時間をつくっておともだちのところにでかけます…

はぁ…なんて優しく穏やかなのだろう。
規則正しい毎日なのに、ゆったりと時間が流れてとても優雅。
私といえば、日々あくせくしている。
エイモスさんとは大違い。
エイモスさんのように規則正しく生活をし、
仕事もきっちりやりつつ時間をつくって自分なりの日々を過ごす…
あー理想だな…と思いました。
とても癒されます。

この絵本はご夫婦で作られたもののようです。
ご夫婦のお人柄が伝わってきますね。
妻のエリンさんがイラストを描いていらっしゃるようですが
木版画とえんぴつで描かれ、道具には日本の彫刻刀やばれんが使われているそうです。

色使いも大好き。
エイモスさんの愛用のスリッパがうさぎちゃんなのも、くまのぬいぐるみと一緒に寝ていることも
そのくまちゃんを抱きしめている姿もかわいくてかわいくてたまらない。
持ち物がとってもおしゃれで。
お部屋もきちんと整っていてすっきりしている。
エイモスさんはミニマリストなのでしょうね。あーーーーー素敵♪

本文で
ミミズクは、暗いのがこわいのです
と出てくるのですが、
夜行性なのに?など突っ込みを入れたいところもあったりと
大満足な絵本でした。


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 09:36 | Comment(0) | e
2017年09月10日

バスに乗っていて偶然見つけた「デビュー30周年記念 いとうひろし展―みつけよう、わくわくのタネ」

夏休み、娘と用事ででかけた街で乗ったバスの窓の外に
「いとうひろし展」という看板があるのを見つけました。

一瞬の出来事で「んーー!!!?」と慌てて検索。

「石神井公園ふるさと文化館分室1階展示室」にて
「デビュー30周年記念 いとうひろし展―みつけよう、わくわくのタネ」が開催されているようです。
この偶然の出来事に感謝するしかありません!!
ブログでは「だいじょうぶだいじょうぶ」「トンカチぼうや」を以前紹介させていただいていますが
もうすぐ敬老の日なので「だいじょうぶだいじょうぶ」を久しぶりに娘に読んでみよう♪

偶然みつけたいとうひろし展でしたが、私はもちろん娘もへとへとに疲れていたので
バスを下車することができませんでした。
会期はまだまだあるようでしたのでまた改めることにしたのです。
そうこうしていたら、もう9月。はやいはやい。やばいやばい。
忘れずに行ってきたいです!!
このブログでもお知らせしておきたくて。
どうにか間に合いました。ほっ。

展覧会の雰囲気がわかるサイトをみつけました。→「しぜんの本だな
撮影も許されているのかな〜?あー楽しみ♪

【展覧会情報】
会期:平成29年7月16日(日)〜10月15日(日)

時間:9:00〜18:00

休室日:月曜日(ただし7月17日、9月18日、10月9日は開室)、
7月18日(火)、9月19日(火)、10月10日(火)

会場:石神井公園ふるさと文化館分室1階展示室
(石神井松の風文化公園管理棟内)

観覧料:無料

分室特別展「デビュー30周年記念 いとうひろし展―みつけよう、わくわくのタネ」

トンカチぼうや紹介記事

だいじょうぶだいじょうぶ紹介記事


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 09:25 | Comment(0) | e
2017年09月05日

”実際のあかちゃんにきいて作った”絵本「うるしー (あかちゃん学絵本)」

東京大学あかちゃんラボとディスカヴァー・トゥエンティワンが、あかちゃん学絵本プロジェクトを立ち上げ「あかちゃんの立場」を尊重して、あかちゃんが本当に「好きな」絵本を作っていらっしゃるのですね。
これは面白い!!

うるしー (あかちゃん学絵本)
うるしー (あかちゃん学絵本)

そう思って、ページをめくると…
かわいい
よくある赤ちゃん絵本とは少し違って色使いもかわいい。
内容はくまのうるしーのぼうしからいろいろなものが出てくるもので、
ぼうしの中から何が出てくるか当てながら読み進める感じです。

もちろん赤ちゃんには当てることはできないと思いますが、バナナや三輪車などお馴染みのものが次々と登場するので
「バナナがでてきたね〜」などと説明しながら読み進めると良いですよね。
少し成長したら「なにがでるかな?」「うるうるうるしー」とうるしーの持つ帽子の中から
登場するものの一部が見えているので、それをヒントに一生懸命考えて当てるのも面白そう。
赤ちゃんから見て楽しんで、少し成長したらクイズを楽しむ…長く楽しめる絵本ではないでしょうか。

あかちゃんに審査員になってもらい、キャラクターの人気投票をしてキャラクターを決めたようです。
あかちゃんの人気ナンバーワンがくまのうるしーなんですね

”少し専門的な統計処理”をして出た結果から作られているというのも面白いですね。
 本当の赤ちゃん視点で作られている。
統計なので万人に受け入れられるということではないと思いますが
プレゼントにもいいな〜と思いました。
我が家には赤ちゃんがいないので実際にどのような反応をするのか?という楽しみ方ができないのが残念。

「うるしー」のほかにも
「もいもい」と「モイモイとキーリー 」という絵本も出ています。
両方とも読んでみましたが、この2冊はわりとよくある赤ちゃん絵本に近いものと感じたので
このブログでは「うるしー」を紹介させていただきました。
でも、「うるしー」と同じように上の2冊も赤ちゃんと一緒に作り上げた絵本ということなので
反応が気になります。
特に「もいもい」はうちの子たちが赤ちゃんの時に読み聞かせをしてみたかったなと思いました。

もいもい (あかちゃん学絵本)
もいもい (あかちゃん学絵本)

モイモイとキーリー (あかちゃん学絵本)
モイモイとキーリー (あかちゃん学絵本)


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 14:12 | Comment(0) | e
2017年09月01日

子どもたち大爆笑「よかったねネッドくん」

この絵本は文章が短いので4歳の娘でも楽しく読んでいます。
家族に繰り返し読み聞かせてくれます

よかったねネッドくん
よかったねネッドくん

ラッキーな出来事とアンラッキーな出来事が交互にでてくる構成となっています。
ラッキーな時はページがカラー、アンラッキーな時はモノクロで
「よかった!」と思った瞬間、ページをめくると「でも、たいへん!」と災難が。
モノクロのページを読むとき、私の頭には年末にテレビでやっている
ダウンタウンの番組の「デデ〜ン♪」という音が必ず流れます。

この絵本は夫も子供たちも大笑いするのですが、私は正直言って怖くてたまりません。
モノクロのひこうきのページ、とがったくさかき、サメも想像するだけで怖すぎる。
しかも、よかった!っていってるけどよくないじゃーん!!と突っ込みをいれたい。
でも、これも発想がたまらなく面白いということなのですよね。
家族で唯一私だけがやわらか頭でないことにショックをうけつつネッドくんを楽しんでいます。
カラーページは鮮やかな色使いでハッピーさが伝わってくるし、新鮮でした。

最後のページでは大勢の方に祝ってもらっていて
ネッドくん、あなたはいったい何者なの?…という疑問が。
それを勝手に想像するのも楽しいですね!!


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 08:00 | Comment(0) | e
2017年08月22日

発想力が豊か!!「パンダ銭湯」

面白いと評判だったので手に取った絵本。
読んでみて、「いや〜なるほどなぁ」と思いました。
私の場合、大笑いしてしまうというより感心してしまいました。
娘も大笑いするという感じではなく、「ん⁉そうなの⁉」という驚きだったようです。

パンダ銭湯
パンダ銭湯

この絵本は、発想が面白いなと思います。
パンダ専用銭湯というだけで何だか面白そうですし。

文章があまりないのでさらっと読んでしまいがちですが、
細部まで気にして読むとほんとよく考えられていて面白い。
「サササイダー」に「ささのかほりリンス」、「88-3390(パンパンササクオー)」、
「しろくろつけようぜ!」や銭湯の雰囲気が中国ぽい感じなどなど…
私のツボです。
繰り返し読むとじわじわ楽しさがやってくる感じでしょうか。

小さい子にはちょっとパンダさんの目が怖い気もしますが
tupera tuperaさんぽいですし、表情をみているとかわいく思えます。
「パンダ」からこういう発想がでてくること、いろいろなイメージを膨らませられること、
いろいろな考え方ができること、想像力が豊で羨ましいです。

子どもたちにも広い観点で物事を考えられる大人に育ってほしいなと感じた絵本でした。
絵本は日常を楽しむヒントがたくさんありますね。
こうだったら面白いな、本当はこうなのかましれない…
と想像するだけで”当たり前”だと思っていたことが違うものに見えてくるかも

最後のページでパンダ家族の後ろ姿が載っているのですが
そこで娘が反応。
私は全く気がつかなかったのですが子供は細部までよく見ているのだなと感心。
これはお父さんかな?お母さんかな?と聞いてみると、
娘は「お母さん!!」と。そこはわからないのか…と少し残念でしたが

この夏の発見の一つですが、娘の音読が上手くなっていてびっくり。
私が娘に寝かしつけをしてもらうのはそう遠くはないかもしれません


おすすめ絵本TOPへ戻る↑
posted by 絵本大好き母 at 23:30 | Comment(0) | e

評価別

★★★★★ 必読!
★★★★_ おすすめ!
★★★__ 良い
★★___ イマイチ
★____ おすすめしない
ぜひ一度は読んで欲しいおすすめ絵本です
できれば読んで欲しいおすすめ絵本です
良い絵本です
ちょっと微妙に感じた絵本です
当サイトではあまりおすすめできない絵本です

目的・テーマ・内容別

内容・テーマ・ジャンル別一覧
絵本の目的・テーマ・内容等で検索できます

対象年齢別

(あくまでも目安です)
乳児から
幼児から
小学生から
大人も楽しめる
0歳・1歳から
2歳・3歳・4歳から
5歳・6歳・7歳から
大人も楽しめます

タイトル50音順

あ行 / か行 / さ行 / た行 / な行 / は行 / ま行 / や行 / ら行 / わ行

作者・著者別

作者・著者 一覧 掲載した絵本を作者・著者別に閲覧できます

出版社別

出版社 一覧 掲載した絵本を出版社別に閲覧できます

お買い得情報

お買い得情報など 絵本関連のお得情報など

特集・育児本など

特集 テーマ毎の特集記事など
育児本 育児本・育児雑誌の紹介

絵本イベント情報

絵本関連のイベント情報など 絵本関連のお得情報など

その他

このサイトについて 管理人プロフィール・連絡先・サイト概要